☆もっと知って「ほじょ犬(身体障がい者補助犬)」☆


dsc00935

☆もっと知って「ほじょ犬(身体障がい者補助犬)」☆

「ほじょ犬」は、目や耳や手足に障がいのある方の生活をお手伝いする「盲導犬」「聴導犬」「介助犬」のことです。

ほじょ犬は身体に障がいのある方の自立と社会参加に欠かせません。

ほじょ犬のことを知るパンフレットがきたので、この機会に一緒に学びましょう!

 

☆ほじょ犬の種類☆

盲導犬…目の見えない人、見えにくい人が街なかを安全に歩けるようにサポートします。障害物を避けたり、立ち止まって曲がり角を教えたりします。ハーネス(胴輪)をつけています。

聴導犬…音が聞こえない、聞こえにくい人に、生活の中の必要な音を知らせます。玄関のチャイム音・FAX着信音・赤ちゃんの泣き声などを聞き分けて教えます。“聴導犬”と書かれた表示を付けています。

介助犬…手や足に障がいのある人の日常の生活動作をサポートします。物を拾って渡したり、指示したものを持ってきたり、着脱衣の介助などを行います。“介助犬”と書かれた表示を付けています。

 

☆ほじょ犬ユーザーとほじょ犬はどこでも一緒☆

ほじょ犬の同伴については、「身体障害者補助犬法」で、人が立ち入ることのできる様々な場所で受け入れるよう義務付けられています。「犬だから」という理由で受け入れを拒否しないでください。

 

☆ほじょ犬はきちんとしつけられ、健康です☆

ほじょ犬のユーザーは、責任をもってほじょ犬の行動を管理し、ほじょ犬の体を清潔に保ち、健康に気を配っています。

 

ほじょ犬を同伴していても、ほじょ犬ユーザーへの援助が必要な場合があります。ほじょ犬ユーザーが困っている様子を見かけたら、まずは声をかけたり、筆談をしたり、コミュニケーションを取ってください。

 

 

パンフレットにはまだまだ書いてありましたが、一部気になったところを載せさせていただきました!私は、ほじょ犬が3種類あること自体知らなかったので勉強になりました。そして、どの種類のほじょ犬がどんな役割をしているのかも学べてよかったです。

近藤

Copyright(c) 2012 愛知県岡崎市吹矢町69 (株)あいち補聴器センター All Rights Reserved.