【子どものボタン型電池の誤飲】に注意して下さい


新聞やNHKなどで、 「ボタン型電池の誤飲」について報道がありました。

特に小さなお子様の場合、少しのスキに誤って電池を誤飲してしまう可能性があります。

誤飲していまうと、電池が食道に残ったり食道に穴が開いてしまう、最悪の場合死にいたる場合もあるようです。

補聴器用空気電池も小さく、お子様が誤って飲み込んでしまう可能性もあります。

小さなお子様が補聴器を装用する、小さなお子様がいらっしゃるご家族が補聴器を装用する場合の誤飲防止対策としては、

1、電池をお子様に届かない場所(高い場所など)に保管する。

2、お子様が休まれる夜などに電池交換を行う(お子様が見て、興味を引かないように)

などをされると、誤飲を防止になります。

※独立行政法人国民消費者センター資料より

あいち補聴器センターでは、使い終わった補聴器用空気電池の回収も行っております。

正しい知識と対策で、小さなお子様の誤飲がなくなることを望みます。

電池誤飲について詳しい説明などはこちらから

独立行政法人国民消費者センター資料

2014年7月21日

Copyright(c) 2012 愛知県岡崎市吹矢町69 (株)あいち補聴器センター All Rights Reserved.