一人ひとりのさまざまな生活シーンに、「フォナック バード」

先日、スイスの補聴器メーカー フォナックの耳掛け型の新製品「フォナック クエスト」のご紹介を致しました。

今回の第2弾で、耳掛け型の新製品「フォナック バード」をご紹介致します。

バードは、CICからフルサイズまでライナップしておりますが今回は、フォナック史上最小の耳あな型補聴器 バードnanoについて絞ってご紹介致します。耳あな型補聴器のサイズについてはこちらから、

耳あな型補聴器

※nanoは、耳あな型「CIC/ミニカナル」タイプよりもさらに小さい「MIC」タイプ補聴器です。

最小の耳あな型補聴器 バードnano

その名の通り、今までの最小の耳あな補聴器に比べても更に小さくなった補聴器です。

最大の特徴は、その小ささ!

耳の中にすっぽりと入るので外からほとんど見えません!

写真の様にすっぽり!

ここまで奥に入るということは、風の影響も受けにくくより鼓膜の近くで音や言葉を聞くことができます。

今までのnanoタイプでは、その形状の小ささからボリュームやプログラム変更など音量調整ができなかったのですが、バードnanoから専用のリモコン(3枚目の写真です)を使い音量調整が可能になりました!

※バードnano含め、カナル、フルサイズなど他のバードシリーズも先日ご紹介しました耳かけ補聴器「フォナック クエスト」の機能が搭載されております。機能について詳しくは、

一人ひとりのさまざまな生活シーンに、「フォナック クエスト」

バードnanoは、できるだけ目立ちたくない!小さな補聴器が欲しい!でも音量調整もしたいし、性能も良いものを選びたい!という方にピッタリな補聴器です。

2013年1月20日

Follow me!