補聴器の種類


補聴器の種類

ワイヤレス補聴器

その名の通りコードや配線で音を伝えるのではなく、電波(ブルートゥース)を使い
ワイヤレス(線なし)で、会話やテレビ、電話の音声を補聴器に直接届けます。
距離での音の減衰がなく(約10m)、両耳に装用すると電話などが両耳から聞こえ
たいへん聞きやすくなります。
  
※軽度~重度難聴まで対応しております。

詳細はこちら

耳あな型補聴器

オーダーメイドなので耳の形と聴力に合わせられます。
目立ちにくく運動に適しています。メガネ装用者や電話を多用する人に便利です。
近年、マイク分離型耳あな型補聴器という新しいカタチも登場しております。

※軽度~高度難聴まで対応しております。

詳細はこちら

耳かけ型補聴器

機能が多く、利得、出力も大きいです。
カラーバリエーションがあり、小さくおしゃれな形もあります。
近年では、防水型やレシーバー分離型耳かけ型補聴器という新しいカタチも
登場しております。

※軽度~重度難聴まで対応しております。

詳細はこちら

ポケット型補聴器

高出力で音量感があります。
他の形に比べて安価で、 単3型電池で動作する品種が多いです。

※軽度~重度難聴まで対応しております。

詳細はこちら

FM補聴器

FM電波を使いFMマイクから入る音を電波にして、補聴器で受信するものです。
つまりマイクに向かって話しをすると、その声ははなれたところいる人にも補聴器を通して声が聞きやすくなります。

学校の授業での先生の声、会議での聞き取り、車内での会話などに有効です。

※軽度~重度難聴まで対応しております。

詳細はこちら

聴力レベル

聴力レベル

Copyright(c) 2012 愛知県岡崎市吹矢町69 (株)あいち補聴器センター All Rights Reserved.