【イヤモールド】ご自宅で出来るお手入れ方法について【耳かけ型補聴器】

最近は新型コロナウィルスによって外出することが難しいですね。

そこで、今回はご自宅で出来るイヤモールドのお手入れ方法をご紹介します。

イヤモールドは耳の中に入れるものですので、耳垢等の汚れがたまりやすいです。

お手入れをせずにそのまま使用することで、菌が繁殖し、悪臭がしたり、変色の原因となります。また、劣化がしやすくなり、不快なハウリング(ピーピー音)がしやすくなります。

毎日使用するものですので、しっかりとお手入れをして清潔に保つことが大切になります。

ご自宅で出来るイヤモールドのお手入れ方法

必要なもの…イヤモールド、清潔なタオル、ぬるま湯、エアブロアー(持っていた場合)

①耳から補聴器を外し、洗浄する準備をします。

洗浄するときに大切なことはイヤモールドのみ取り外すことです。

下の写真のように補聴器は本体、チューブ、イヤモールドの3つでできています。

そして、本体からチューブを取り外した写真。↓

本体、チューブ、イヤモールドを個々にした写真。↓

このチューブを外す際に、確認していただきたいことが2つあります。

1つ目はチューブの硬さ。2つ目はチューブの色です。チューブが硬くなり、色が黄色く変色していたら、それはチューブ交換の目安となります。

※ チューブ交換は当店にて無料で行えますので、お気軽にお問い合わせください。

②イヤモールドをぬるま湯で洗浄します。(熱いお湯はイヤモールドが変形してしまう恐れがあります。また冷たい水よりもぬるま湯の方が汚れが落ちやすいです。)

指・または歯ブラシなど小さいブラシで軽く表面の汚れを落としてください。

あまり強くゴシゴシしてしまうと、イヤモールドが傷ついてしまいますので、優しく洗ってください。

③洗浄を終えたら、水滴をタオルで拭き取ります。

イヤモールドの中に入った水はエアブロアーという道具を使うか、エアブロアーをお持ちでない場合は陰干しをしてください。

太陽の光はイヤモールドを劣化させてしまうので、必ず陰干しをして頂くことがポイントとなります。

下の写真がエアブロアーになります。

④イヤモールドの水滴を落としましたら、一度補聴器をつけて音を確認してみてください。

この時に音が小さくなっていたりした場合はもう一度水滴をよく落とし、きちんと乾燥させてください。

以上がイヤモールドのお手入れ方法になります。

イヤモールドが劣化すると、耳にも聞こえにもよくありませんので、きちんと清潔に保ちましょう。是非上記の方法を一度試してみてください。

水滴を飛ばす場合に登場したエアブロアーは当店のネット通販でも販売しておりますので、ご興味がある方は是非お求めください。

ネット通販

楽天市場 あいち補聴器センターまごころ通販

となりの福祉くんYahoo!店

となりの福祉くんポンパレモール店

となりの福祉くんWowma!店

Follow me!