【先着10名様】ヒアリングループ対応テスト公演にご招待

「モマの火星探検記」ヒアリングループテスト公演 10名招待

補聴器を使われる方にも演劇の声や音、臨場感をより楽しんで頂きたいという想いで、岡崎市民会館さんと連携し、「ヒヤリングループ(磁器誘導)」に対応した演劇「モマの火星探検記(愛知公演)」が開かれることになりました。

今回、実際に補聴器を使っている方の感想を頂きたく、ループ設置のテスト公演に10名招待出来ることになりました。原作は、宇宙飛行士の毛利衛さんが書いた児童文学で、主演に矢崎広さん、生駒里奈さんを迎えて地元岡崎で上演されます。またとない機会ですので、ぜひご家族・お友達と一緒に来場頂けますと幸いです。

※2020年1月10日(金)時点 まだ空きがございますので、ぜひご興味ある方は申込下さい。

※ヒアリングループに対応した補聴器・調整が必要となります。

※申込は弊社までご連絡下さい。先着順。

<概要>

<ヒアリングループ対応公演>

2月1日(土)17:30開演・公演 ※テスト公演 招待枠

2月2日(日)12:00開演・公演 ※本公演

【チケット代】前売・当日券8,800円(税込)

【原作】毛利衛「モマの火星探検記」 (講談社刊)

【脚色・演出】毛利亘宏

【内容】

宇宙飛行士の毛利衛氏が書いた児童文学「モマの火星探検記」が原作、劇団少年社中不朽の名作と言われる作品が主演に矢崎広、生駒里奈を迎えて岡崎で上演されます。

これからの時代にどんな夢が必要なのか?人はなぜ宇宙に憧れるのか? そして、人間はどうして生まれ、なんのために生きていくのか?そんな命題を、本舞台の中で絡み合う二つの物語、『モマ』と『ユーリ』の物語から解き明かしていきます。「夢を信じる力を取り戻してみませんか?』毛利亘宏の脚色・演出、感動の時空を超えたファンタジー作品が最高のキャストで岡崎に登場します。

<申込先>

あいち補聴器センター

電話&FAX:0564-24-4733

HP問い合わせフォームやメール(okazaki-info@aichi-hochoki.com)まで

※ガチャイベントは1月12日(日)まで

Follow me!