補聴器用電池の誤飲について、電池取り扱い方法

ボタン電池の誤飲について

玩具や体温計などに広く使われているボタン電池を乳幼児が誤飲する事故が、2011~15年の5年間に939件あったことが、業界団体「電池工業会」(東京)による初の全国調査で分かった。このうち15件で食道に穴が開くなどの重い後遺症が出た。慈恵医大(東京)の協力で今年1月、子どもの事故の救急対応を担う全国202病院にアンケートを行い、116病院から回答があった(回答率57%)。ボタン電池の誤飲939件の内訳は、直径2センチ前後で薄い「コイン形」が133件、それより小さめの「ボタン形」が806件だった。誤飲したボタン電池は、先端に磁石が付いたチューブや、内視鏡などで取り出すが、その後に手術が必要な重い後遺症が出た事例がコイン形で14件、ボタン形で1件あった。いずれも食道に引っかかり、食道に穴が開いたり、食べ物がつかえたりするなどの障害が起きた。

※ボタン電池の乳幼児誤飲、5年930件…初調査(12月19日付読売新聞より)

 

補聴器で使われる電池も誤飲してしまうと、胃や食道に悪影響を及ぼす可能性があります。

補聴器用電池を万が一飲み込んでしまった場合

急いで、病院に向かって下さい。子どもの場合は、電池を飲み込んでしまったら、重症になるおそれがあるので、特に気を付けましょう。飲み込んだかどうかわからない場合でも、レントゲン写真でボタン電池の有無が確認できる可能性があるので、必ず受診をしましょう。また、ボタン電池を鼻や耳の穴に入れてしまった場合も、内部に影響を起こす危険があります。同様に医師の診断を受けましょう。

補聴器の取り扱いについて

補聴器の取り扱いについて、以下より資料をダウンロード可能です。

PDFダウンロードはこちら↓

②補聴器用電池上手な使い方

※2ページあります

 

※子どもがいる場合は、誤って誤飲しないよう、手の届かないところ(高い場所、鍵の掛かる箱や部屋などで保管をしましょう)に必ず保管をお願い致します。

※子ども用の補聴器の場合、チャイルドロックと言い、自身で補聴器の電池が取り出せないよう加工も可能です。詳しくはお問い合わせください。

 

青木

Follow me!