【オーティコン】スタンダードクラス「シヤ」【新製品情報】

「オープンシリーズ」と同じ「ベロックスチップ」を搭載

「スタンダードクラス」とは思えない音質!「Siya(シヤ)」

補聴器メーカー「オーティコン」より2018年10月より、新製品「オープン耳あな型」が発売されました。⇒前回の紹介はこちら「オープン耳あな型について」

それとは別にもう1種類補聴器が発売されています!その名も「シヤ」。※以下カタログより抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ラインナップ】:シヤ(クラスは1つのみ)

補聴器のカタチ:耳かけ型(小型RITE 2種、BTE、BTEパワータイプ)、耳あな型(極小IIC、最小CIC、標準カナル、扱いやすいハーフ、高出力フル)

対応する聴力:軽~重度難聴まで

価格:全てオープン価格(詳しくは店頭でご確認ください)

※非課税

<耳かけ型>

カラー5色:クロマ・ベージュ/コッパー・ブラウン/ダイヤモンド・ブラック/ダーク・グレー/ライト・グレー

<耳あな型>

カラー:シェルカラー全4色

フェイスプレート:全2色(IICはブラックのみ、その他ベージュのみ)

 

主な特長

①周囲の音環境に合わせて、正面以外の音を抑制し、音を届ける!(環境適応型マルチバンド指向性LX)

②オープンに負けないほどの高速なノイズ抑制(ノイズリダクションLX搭載)

③極小サイズの補聴器も作れる!

④スマホ連携も可能(耳かけ型全て、耳あな型(ハーフまたはフルサイズのみ))

※個々の聴力や耳の形等により、聞こえ具合は異なります。

 

周囲の音環境に合わせて、正面の音を拾いやすく、マイク感度(指向性)が変わる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同社の「BrainHearing テクノロジー」に基づき、非常に高速な処理で、マイクの感度(指向性パターン)が変わります。

スタンダードクラスとは思えない聞きやすさ!(※個人的には、2世代ほど前の最上位クラスに匹敵するような処理速度と音の拾いやすさです)

それでも「オープンシリーズ」の方がさらに上をいく、機能と音質を備えています。

極小サイズも作れます!

耳の中を覗いたとしても、補聴器とは気づかれないIICサイズ↓

正面は先ずわからず、真横から見てもほとんど目立ちません!

「オープン」同様に個々の耳の形や要望に応じて、柔軟に対応し、製作が可能だとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな方にお勧め…??

①スタンダードクラスでも「言葉の聞き取り」を改善されたい方

②スマホと連携し、補聴器を使いながら電話や音楽、動画等を楽しみたい方 などにお勧めです!

※軽~重度難聴者まで対応。聴力により対応できない場合がございます。

※先ずは耳鼻科への受診をお勧め致します。

 補聴器の試聴貸出で、自分に合う補聴器を見つけましょう!

補聴器は、その方の聴力や改善したい環境や状況等を確認(お試し)した上で購入することをお勧め致します。当店では、補聴器試聴貸出は期間設定なし。無料で試すことが出来ます。試聴貸出器種も豊富にございますので、お気軽にご相談ください。(※人気器種等はお待ちいただく事がございます)また、補聴器の試聴から購入まで補聴器をしっかり使って頂けるようサポートプログラム「AHAケア」で補聴効果を実感頂きながら試せます。

先ずは、お気軽に下記までお問い合わせください!^^

————————————–
あいち補聴器センター

〒444-0862 岡崎市吹矢町69

電話&FAX:0564-24-4733

※水曜定休日 営業10時~17時まで

Follow me!