【GNヒアリング】セミナーに行ってきました!【新製品】

4月16日(火)に補聴器メーカー「GNヒアリング」の新製品セミナーに行ってきました!

今回セミナーにて発表されたのは大きく分けて二つ!

・耳あな型補聴器「リサウンド・ダブルエア」

・3Dデジタルスキャナー「Otoscanオトスキャン」

耳あな型補聴器「リサウンド・ダブルエア」

オープンフィッティングのメリットを更に進化させた超快適耳あな型補聴器です。こちらの補聴器は日本で開発をされたそうです!

お勧め…初めて補聴器を装用する方、軽度~中等度難聴の方

お勧めする理由… 初めて補聴器を装用する方、軽度~中等度難聴の方の多くは補聴器特有の機械的な音が気になる方が多いです。また、補聴器を耳に入れる違和感やこもり感を気にする方もいらっしゃいます。リサウンド・ダブルエアはそんなそれぞれの違和感を極力減らし、快適に使って頂けるような形に変化しました。下の画像はリサウンド・ダブルエアの形状です。↓

補聴器の形状が段になっているため、耳に入れた際の接地面が少なくなり、装用した際の違和感が少なくなります。また、圧迫感やこもり感が少なく、自声の違和感が少ないことが特徴です。強力なハウリングストッパーで不快なピーピー音(ハウリング)がなりづらくなっており、十分に音を出すことができます。

ただ、一点デメリットとして、こもり感の少ないことが特徴の一つですが、そのため、低域の音が逃げやすいです。聴力によってはお客様とご相談させて頂きながら他の形状をお勧めさせて頂く場合もございます。

3Dデジタルスキャナー「Otoscanオトスキャン」

耳あな型補聴器やオーダーメイド耳栓「イヤモールド」を作成する際に必ず必要となる「耳型採取」。高いスキルが求められるその作業を、安全に正確に衛生的に行えるように開発されたのがOtoscanです。

実際にセミナーに設置してあるOtoscanの写真を撮ってきました!

画像の左側が耳の模型とヘッドセットが一体になっており、真ん中が3Dレーザースキャン、右側にはパソコンにスキャンしたデータが表示されます。

Otoscanは直接肌に触れないため、衛生的。また、耳の中のデータを自然な形状で読み取ってくれるので正確です。また、耳型採取では採取中固まるまでの時間がかかりますがOtoscanはレーザーでスキャンをするだけですので、短時間で完了します。

実際に私も模型の耳で試してみましたが、採取する側は画面を見ながら手元を動かすだけで簡単でした。お客様もスキャン中は痛みや違和感はないので、安心して耳型採取を受けて頂けるのではないかと思います。

そんな安全で正確なイヤスキャナーOtoscanはこれから色々な店舗で使用されることが多くなるかもしれません。

また最新の各情報がありましたら、ブログに更新していきます!

————————————–

あいち補聴器センター

TEL&FAX:0564-24-4733

受付時間:10:00~17:00(水曜定休)

所在地:444-0862 岡崎市吹矢町69

Follow me!