東海愛知新聞連載第101回【自動文字おこしアプリ「UDトーク」】

【自動文字おこしアプリ「UDトーク」】

あいち補聴器センター代表天野の東海愛知新聞での連載になります。

ご一読いただければ幸いです。

今回は音声認識アプリ「UDトーク」をご紹介します。

UDトークとは?

UDトークのUDとはユニバーサルデザインの略です。皆さんの普段のコミュニケーションが障害がある無しにかかわらず、普遍的に行えることを目指しています。

簡単にお伝えすると、話す言葉を文字表示することができるアプリです。UDトークによって出来る主な3つの事柄が以下の通りです。

① 音声の認識と合成によって、視聴覚に障害を持つ方でもコミュニケーションを行えます。

② 多言語の認識そして翻訳が可能です。

③ 漢字やカナ変換も可能なので、情報に齟齬が発生しにくい。

「UDトーク」をご紹介 (1)

お店でも言葉が文字になって聞く、見るがあって理解しやすい!と嬉しいお声を頂いております。

UDトークは、あらゆるコミュニケーションの場面において活躍することは間違いありません。使い方も簡単で下記の公式サイトからアプリのダウンロードもしていただけます。ぜひ、ご活用ください。

Follow me!