あいち補聴器センターSDGs(エスディージーズ)【音あそび】【聞こえの応援団活動】

先日、SDGs推進プラットフォーム『SDGsログ』の企業の取り組み事例紹介にて、あいち補聴器センターの聞こえの応援団活動が掲載されました!とご紹介しました。

※SDGs(エスディージーズ)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省ホームページより

聞こえの応援団活動の中で、今回は【音あそび】のSDGs(エスディージーズ)をご紹介致します。

難聴児、障がい児、健聴児が一緒に楽しむイベント「音あそび」

SDGs_logo_05

~音あそび~見て♪聞いて♪さわって楽しむフォルクローレ (3)

DSC_0109

難聴児、身体・知的障害児、健聴児が一緒に楽しむ音楽ワークショップ「音あそび」。障害の有無に関係なく、南米音楽を一緒に楽しんでもらうことで相互理解につなげてもらうイベント。毎年、30人ほどが参加している。歌を歌ったり、笛を吹いたり、太鼓を叩いたりします。音楽というテーマで同じ空間、空気を共有することは多様な存在を一つにする力を持っていると感じます。毎年2月に開催。毎年のライフワークです。※今年は新型コロナウイルスの影響により開催を断念致しました。

第3回音あそびsk1k
第3回音あそびsk3k
第3回音あそびsk4k

SDGs推進プラットフォーム『SDGsログ』のあいち補聴器センターの紹介ページはこちらから、取り組み事例 あいち補聴器センター

あいち補聴器センターでは「聞こえの応援団活動」つうじて、誰もが活躍でき笑顔でより良い生活が実現できる社会を目指しこれからも活動し続けていきます。

Follow me!