あいち補聴器センター×SDGs(エスディージーズ)【難聴者サポート】【聞こえの応援団活動】【岡崎市】

先日、SDGs推進プラットフォーム『SDGsログ』の企業の取り組み事例紹介にて、あいち補聴器センターの聞こえの応援団活動が掲載されました!とご紹介しました。

※SDGs(エスディージーズ)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省ホームページより

※2020年7月17日に岡崎市も「SDGs未来都市」に選定されました。

聞こえの応援団活動の中で、今回は【難聴者サポート】のSDGs(エスディージーズ)をご紹介致します。

難聴者サポート

sdg_icon_03_ja

online

w_Qc_pF_9OgguMDRdmRNj-710x1536

第36回岡崎まちゼミ  (2)

SCN_0081tr

補聴器をつけて頂いてもすべてが聞こえるようになるわけではなく、顔が見づらい場面や電話などは聞きづらくなる場合が多くあります。店舗では筆談や文字起こし、コミュニケーションボードの活用などお一人おひとりの聞こえに合わせた配慮が必要と感じます。

お店に来れない場合や電話が難しい方へはオンライン予約オンライン補聴器調整、SNSの活用など音声がなくてもコミュニケーションが行える仕組みを運用することで予約、相談ができないなどをなくしていきます。これらの配慮をあいち補聴器センターでは、難聴者サポートとし今後も課題に対して増やしていきます。
コミュニケーションボード【あいち補聴器センター用】 (2)

コミュニケーションボード【あいち補聴器センター用】 (1)

SDGs推進プラットフォーム『SDGsログ』のあいち補聴器センターの紹介ページはこちらから、取り組み事例 あいち補聴器センター

あいち補聴器センターでは「聞こえの応援団活動」つうじて、誰もが活躍でき笑顔でより良い生活が実現できる社会を目指しこれからも活動し続けていきます。

あいち補聴器センター×SDGs(エスディージーズ)他の活動はこちらから→SDGs

Follow me!