補聴器用電池は冬に弱い!「電池の上手な使い方」

電池寿命を縮める3大要因

①低い温度

②乾燥

③二酸化炭素

一般的に化学物質は、寒い(気温が低い)と活動が鈍り、温かいと活発になります。冬場の補聴器電池は、夏場と比べると上記要因により、寿命が短くなります。

電池を長持ちさせるポイント!

寒いところを避ける・・・

ボタン電池は寒さに弱く、ボタン電池の適正温度は20度が最適と言われています。気温が5度以下の所で使用すると電池寿命が縮まるそうです。使用するときは電池を温めてから使用すると安定します。通常はシールをはがして、1分程度で安定します。冬場はさらに時間を要します。使用前に手で温めてから使用すると良いです。

部屋の換気をよくする・・・

ボタン電池は二酸化炭素に弱いので、換気をせずにストーブを使用し続けていると、使用できる電池量が6割~7割程度まで減る事もあります。冬は、こまめに換気をするように心掛けましょう。

電池は乾燥ケースに入れない・・・

電池ごと補聴器を乾燥ケースに入れると、電池寿命が縮まってしまいます。(※約6割程度)補聴器を乾燥ケースに入れる際は、電池を必ず取り出しましょう。

常温・常湿で保管する・・・

電池の保管場所は、常温・常湿が最適です。冷蔵庫に入れないようにしましょう。

電池同士をくっつけない・・・

意外と知らずにやってしまいそうですが、電池同士をくっつけると消耗してしまい、寿命が短くなってしまいます。電池を重ねて置いたりしないようにしましょう。

最近補聴器の電池の消耗が早いと感じている方、ぜひ実践してみて下さい!

補聴器用電池、下記店舗で販売中!

<店頭>

あいち補聴器センター

所在地:〒444-0862 愛知県岡崎市吹矢町69

TEL&FAX:0564-24-4733

受付時間:10:00~17:00(水曜定休)

<ネット通販店舗>

楽天市場 あいち補聴器センターまごころ通販

ヤフー となりの福祉くんYahoo!店

Follow me!