ポケット型補聴器

ポケット型補聴器は本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用します。
スイッチ類が大きく、手元で確認しながら簡単に操作できます。
また、本体を相手の口元に近づけてマイクのように使うことで、よりよく聞こえて大変便利です。
構造上、マイクロホンとレシーバーが離れているので、ハウリングがおこりにくいという特長もあります。
比較的お求めやすい価格の製品が多いのも特長です。
軽度~重度難聴に対応しています。

メリット
★高出力で音量感があります。
★他の形に比べて安価で、 単3型電池で動作する品種が多いです。

デメリット
★動いたりすると本体とイヤフォンをつなぐコードが邪魔になる場合が多い。
★一般的には服のポケットなどに入れて使うため、服ずれ音などが起こりやすい。

価格帯:38,000~98,000 〔片耳、非課税〕

ポケット型補聴器

会議の時にだけ、テレビを見るときにだけ
補聴器を使いたい。
介護施設に入所されていてベットから動けないなど
使う時が限られる方にはお勧めです。

ポケット型補聴器を使われている方の喜びのお声はこちらから。